fc2ブログ

Hit

Please click

更新カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

ダービーデイの指定席が高い件

今年のダービーには、シルク出資馬のピースオブエイトが出走予定。
これは是非現地観戦したいと思い、指定席のネット事前予約ページにログイン。
コロナ前に何度か利用したことがあるA指定席の抽選に申し込もうとしたら、

A指定席・・・8,000円也

高っ!

コロナ前でもダービーデイは特別料金でしたが、通常の2,000円が4,000円になるくらいだったはず。
入場人数規制しているから希少価値なのはわかりますが、ちょっとぼったくり価格のような。
ただ、私はJRAカード会員ではなく一般のカード登録なので、抽選的には不利。
この価格だと申し込むのに躊躇する人もいるだろうから、当選確率は上がるかも。
という事で、高いと思いつつも申し込みました。やはり愛馬の走りを良い場所で見たいですしね。
あとは当選を祈るのみです。




関連記事
スポンサーサイト



レッドリベリウス、引退

 東サラ出資馬レッドリベリウスの引退が発表されました。通算5戦0勝。
本馬にはロードカナロア×ハーツクライというニックス配合に惹かれて出資。
しかし、デビュー戦の5着が最高着順。最後は骨折を発症し今回の決定に。

私は本馬の半兄レッドルーベンス(父キンカメ)にも出資していましたが、そちらも未勝利引退。
自分に駄目出ししたいのは、両馬の母レッドセシリアには未出資だったこと。
出資馬の仔だから盲目的に出資したなら理由としてわかるのですが、
全くゆかりの無い牝系に注目して連続出資してしまったのがイケてないなあと。
My Bupers4 x 3のクロス持ちなので、繁殖として期待出来ると思ったのが目測外れでした。

さすがに懲りたので、もうセシリアの仔に出資することは無いでしょう。
なにはともあれ、お疲れ様でした。

関連記事

グレートバニヤン、引退

 キャロット出資馬グレートバニヤンの引退が発表されました。通算23戦2勝。
本馬はダイワメジャー産駒。半兄にダート重賞勝ちロンドンタウンという血統。

募集馬見学ツアーで実馬を見た時、好感を覚えた馬。
ダート血統かつメジャー産駒なのにごつごつしていない馬体だったので、芝でもいけるかと期待したものでした。
しかし23戦通して芝を使ったのはデビュー戦だけ。そこで芝に見切りをつけられ、その後ダートで2勝。
未勝利で終わる馬も多い中勝ち上がってくれたのはありがたいですが、いまいち印象に残らない出資馬でした。
なにはともあれ、お疲れさまでした。
関連記事

レッドルゼル、ドバイゴールデンシャヒーン今年も2着

 東サラ出資馬レッドルゼルが、本日のドバイ6R・ドバイゴールデンシャヒーン(ダ1200)に出走。
最後方から脚を伸ばすも優勝馬には届かず、昨年と同じ2着でした。



うーん、悔しい。今日のドバイは、馬券発売前のレースで日本馬が3勝と大活躍。
その流れに乗ってくれるかと期待したのですが、スタートが悪く最後方に。
最後は凄い脚で差を詰めたものの、前は捕えきれず。
優勝馬は日本独自オッズで最低人気。昨年もそのパターンだったなと終わってから気づきました(笑)
負けて強しではありましたが、国際GⅠ勝ち馬の称号が欲しかったなあ。
関連記事

ピースオブエイト、毎日杯優勝

 シルク出資馬ピースオブエイトが、本日の阪神11R・毎日杯(GⅢ 芝1800)に出走。
単勝6.5倍の4番人気でしたが、見事に優勝しました。



ピースオブエイト、毎日杯

前走とは違って、今回はハナにたって逃げを選択。
今日の9R・同条件の君子蘭賞で、藤岡佑騎手の騎乗馬が逃げ切り勝ち。これは二匹目のどじょうを狙ったなと。
ただ、1000m通過59.5だったので、最後まで持つのかどうかハラハラ。
最後の直線で2着馬ベジャールの脚色が良く見えたので、「これは交わされるな・・・」と諦めモード。
しかし並ばれたところで二枚腰を発揮。もう一度伸びて3/4差で勝利。無傷の3連勝となりました。

そして、これがシルク出資馬での重賞初勝利。
掛け持ちしているキャロット・東サラ・ノルマンディーでは既に重賞勝ち馬に出資していたものの、
シルクとの相性は最悪だった私。退会が脳裏によぎった事もありましたが、ようやく報われたという感じ。
抽優を使って何とかゲットした馬だけに、喜びもひとしおです。

今後のローテーションはまだ発表されていませんが、中2週続きになるので皐月賞はさすがにきつそう。
血統的にはダービーより皐月賞のほうがチャンスがあるとは思いますし、叩いて叩いてこそのロベルト系。
皐月賞に出走して欲しい気持ちはあるものの、2歳時に脚をやって頓挫しただけに無理も禁物。
どんなローテーションになるのか、陣営の判断を待ちたいと思います。
関連記事
≪前のページ≪   1ページ/407ページ   ≫次のページ≫