FC2ブログ

Hit

Please click

更新カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

メルドオール、予後不良

 本日の中京4R・3歳上障害未勝利に出走したメルドオール。
口取り当選したので現地応援してきました。が、
第2障害飛越後に転倒して競走中止、そして予後不良。



応援馬券のがんばれの文字がとても切ない・・・。

思い出せば募集当時、ステゴ産駒の牡なのに1,600万円募集。
オルフェやゴールドシップが活躍していたころでしたから、
おお!なんてリーズナブルな価格なんだと色めき立ったもの。

デビュー後は期待とはほど遠い成績でしたが、園田で3勝を上げ中央復帰。
中央・地方合わせて44戦と走りに走ってくれました。
長い間頑張ってくれたと思います。哀悼の意を表します。
関連記事
スポンサーサイト

レッドアルカナ、引退

 東サラの出資馬、レッドアルカナの引退が発表されました。通算20戦1勝。
ディープ×Storm Cat系のニックス配合で、募集価格は3,000万円。
募集時にはすでにディープ産駒は高騰していましたから、
3,000万円はお買い得だなあと思ったもの。

しかし終わってみれば、東サラにありがちな1勝して頭打ちのディープでした。
一番輝いたのは、単勝1,6倍の断然人気に推された新馬戦でしょうか(6着敗退)。
どんな勝ち方してくれるかなと、凄く期待した思い出が蘇ります。
お疲れさまでした。
関連記事

2018京阪杯、54万馬券的中

 今日のJCは、アーモンドアイが驚異的なレコードで優勝。
しかし、そんな凄いレースを馬券的にはケンした私。
JC前に3万円ほど負けており、穴を狙いたいけれどアーモンドアイを外すのは愚の骨頂。
そんな訳で、毎年荒れまくる重賞の京阪杯に逆転を託すことに。その結果、

京都12R 京阪杯 3連単 3→6→8 541,480円
2018 京阪杯54万馬券

54万馬券、的中!

見事な逆転ホームラン。
若かりし頃、友人に最終Rの鬼と呼ばれた片鱗を見せることができました。
ちなみにこの馬券を買えたのは、競馬予想家・亀谷敬正氏が監修する、
「サラブレ」の重賞アプローチを参考にしたから。ポイントに書いてあったのは、

①サンデー系不振、ミスプロ系かノーザンダンサー系を狙え
②内枠
③近走先行経験馬

1着馬父 ロードカナロア(ミスプロ系)
2着馬父 ローエングリン(ノーザンダンサー系)
3着馬父 キングヘイロー(ノーザンダンサー系)

3頭とも内枠で逃げ先行馬。まさに記載通りの結果。
亀谷氏はメディア等で喋ると慇懃無礼な感じが鼻につくのがあれですが、今回は感謝するばかり。

ただ、残念な事がひとつ。
確か明日、今年のキャロット出資馬の引き落としがあったはず。その額が約50万円。
なので口座残高は増えもせず減りもせずという事に(笑)
少しは通帳を見てにやつきたかったのですが、仕方無いですね。
関連記事

レッドベルディエス、2歳未勝利戦優勝

 本日の東京2R・2歳未勝利戦(芝1600)に、東サラ出資馬レッドベルディエスが出走。
単勝1.1倍と断然の1番人気に推されましたが、見事に優勝しました。

レッドベルディエス未勝利単勝

新馬戦は2着惜敗。
けれど3着馬には7馬身差付けていたので、今回は確勝だろうと思っていました。
その思い通り、2着に2と1/2馬身差の完勝。
ここでは力が違うといわんばかりのレース振りでした。

残念だったのは、単勝が1.1倍だったこと。
さすがにそのオッズでは買っても全く旨味無いし・・・という感じ。
とりあえず記念に100円購入するだけに留めました。
10円儲かったのでお祝いにうまい棒でも食べようかと(笑)

新馬戦で負けたレディマクベスは、次走500万下の赤松賞で3着。
それを物差しにすれば、昇級してもそこそこはやれそう。
全姉レッドベルローズにも出資していますが、2勝した後伸び悩み。
早枯れ血統かも・・・と一抹の不安を覚えるものの、姉を超える活躍を期待したいものです。
関連記事

グレートバニヤン、2歳未勝利戦優勝

 本日の福島1R・2歳未勝利戦(ダ1700)に、キャロット出資馬グレートバニヤンが出走。
単勝2.0倍の1番人気に応え、見事に優勝しました。

本馬はコリアCを連覇したロンドンタウンの半弟という血統。
募集馬見学ツアーで実馬を見たときに、いいなと心惹かれた馬でした。

しかし懸念すべき事があり、それはダイワメジャー産駒だったこと。
私はダメジャー産駒の駄馬を引く才能があり、
シルク出資馬コンフェッシオン(6戦中5戦が二桁着順、未勝利引退)や、
ノルマン出資馬ミストレスメジャー(こちらも6戦中5戦二桁着順、新馬戦は10,3秒差のT・O、未勝利引退)等、
きつい失敗を経験してきました。

それだけに迷ったものの、心惹かれたなら出資しないと後悔すると思い出資。
しかしデビューから4・3・3着と煮え切らないレース振り。3,600万円とわりと高めな募集価格だったこともあり、
「またやってしまったか・・・」と言う気持ちになっていました。なので何とか勝ち上がってくれて一安心。

勝ちっぷりはそんなに凄いという訳もなかったので、昇級してすぐ好走は難しいかも。
こつこつと戦歴を重ねて、なんとか1000万下くらいまでいってくれることを期待したいです。
関連記事
≪前のページ≪   1ページ/355ページ   ≫次のページ≫