Hit

Please click

更新カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

I was there

I was there。
直訳すると「私はそこにいた。」はじめてこの言葉を知ったのは、
オリバー・ストーンがプラトーンを撮った時のインタビュー記事。
ベトナム帰還兵が、私はあの修羅場にいたんだと発した言葉だうんぬんを読んで、
「重・・・。」なんて思ったものです。

が、しかし。
長年競馬をやっていると、この言葉が競馬にも言える気がしてきたり。

例えば、’94の菊花賞、ナリタブライアンの3冠達成の日。
その年、私は卒業旅行で北海道をバイクで一周旅行しました。
その時に知り合った人がたまたま京都に遊びに来て、その人と観戦することに。
今年の菊花賞も雨でしたが、雨の菊花賞といえばあの時の記憶が蘇ります。
もうその人との親交は途絶えてしまいましたが、
記憶の鍵になっていてどうしてるかなと懐かしい気持ちになります。

例えば’03のマイルCS。
当時私は札幌在住でしたが、前日に大学時代の友人の結婚式出席のため関西へ。
2人の門出を祝った翌日京都に立ち寄り、デュランダルの末脚に痺れた思い出が。
今年は出資馬のクルーガーが出走しましたが、マイルCSといえばその記憶が蘇り、
いつも何だかほっこりした気持ちになります。

そして、今年の秋天。
自分が観戦していた近くに大学生くらいのカップルが。
JRAのCMコンセプトからしても、こういう世代を呼び込みたいんだろうなあとつい注目。
男性の方は返し馬の一頭一頭に声掛けしており、その熱さ&若さについにっこり。

そのカップルはキタサンブラックを応援していたんですが、
出遅れでまず大きなリアクション。しかし、それを巻き返しての勝利にすごく感動してました。
それを見て思ったのが、二人にとってこの秋天がI was thereになればいいなと。
大学時代に付き合った人とそのまま結婚てのはそれほど多くないにしろ、
秋天といえばあの人と一緒に観戦したなという記憶が蘇るのはそう悪くないんじゃないかなと。

ギャンブルをやらない人って競馬もパチンコも一緒くたにして蔑んだ目で見るんですが、
競馬はギャンブルって負の側面だけじゃないんだよと言いたくなるのが、こんな要素だったりします。
だからこそ、虫明 亜呂無や寺山修司なんて文学者も惹かれたりしたわけですから。
一口をやり始めて昔のように現地観戦の機会も増えましたが、
これからまたいくつものI was thereを増やしていきたいものです。

因みにこんなエモーショナルな記事を書いてしまったのは、お酒が入っているから。
夜書いたラブレターを朝見るとこっ恥ずかしいパターンになりそうですが、
まあそれはそれでという事で。
関連記事
スポンサーサイト

東サラ、ディープ産駒に出資

 1歳馬への出資はもう打ち止めかななんて思っていた私。
が、ある出来事をきっかけに衝動的に出資申込を行いました。
申し込んだのはこの馬。

レッドファンタジアの16(父 ディープインパクト)
レッドファンタジアの16

土曜日に新馬勝ちした出資馬、レッドベルローズの全妹。
なんと単純な行動なんだと、まずは自己突っ込み。
けれど、もともと全姉ベルローズは配合が気に入って出資したので、
全妹も気にはなっていたのです。そして姉が見事な新馬勝ち。
行かない理由は無いかなと。

同じことを考えた人も沢山いたようで、
姉のレース前には残口表示が出る気配も無かったのに、
いきなり満口間近(100口未満)表示が点灯。
単純なのは決して私だけではないという(笑)

現在420キロと小さいですが、姉は同じ時期に430キロ。10キロ差だったら許容範囲。
姉くらいの馬体重で同じ時期にデビューしてくれれば良いかなと。
姉がもたらしてくれた新馬勝ちの喜びを、本馬でも味わいたいものです。
関連記事

クルーガー、マイルCS7着

今日のG1・マイルCSに出走したクルーガー。結果は7着でした。
口取り外れたので現地には行かずTV観戦。正直、熱くなる場面が殆ど無かった感じ。

位置取り、ちょっと後ろだなあ・・・。
大外分回しか・・・。
伸びないなあ・・・。

みたいな。
ネット上ではシュタルケ批判もされてますが、単純に力負けかなあと。
次、京都金杯あたりを目標に頑張って欲しいです。

それにしても凄いのがミルコ。
3歳馬の勝利はサッカーボーイ、タイキシャトル、アグネスデジタルと、競馬史に名を残す名馬ばかり。
いくらミルコ鞍上とはいえペルシアンナイトはそこまでの馬じゃないだろうと、頭に据えた馬券は買ってませんでした。
おかげで、昨日出資馬応援馬券で儲けたあぶく銭が殆ど溶ける事に(笑)
これだけ勝負強いジョッキーにG1で騎乗してもらえる、そんな馬に出資馬がなって欲しいものです。
関連記事

レッドベルローズ、新馬勝ち

 今日の東京6R・2歳新馬戦(芝1600)に東サラの出資馬レッドベルローズが出走。
キャロットとシルクの良血キンカメ牝馬が出走していたこともあり、人気は単勝5.2倍の3番人気。
しかし、そんな評価を物ともせず、見事に優勝しました!

レッドベルローズ単勝

2着馬とはハナ差の接戦でしたが、3着馬には6馬身差。
上がり33.5はメンバー中最速。快勝といえるでしょう。

さらにチキンの私にしては、単勝一万円突っこんだ勇気を自分で褒めてやりたい。
なかには愛馬の単勝に数十万単位で突っ込む漢なブロガーさんもいますが、
庶民にとっては一万円って大金なのですよ。
2つ前のエントリでは、出資馬の単勝に1,000円しかいってない自分のチキンぶりを嘆いたわけですし(笑)

ちなみにシルクパーティーで鹿戸師と歓談した際には、
新馬の勝ちっぷりに余裕があるようなら、年内もう一走して賞金加算したいと言ってました。
3着馬を千切った内容からすれば、是非とももう一走してもらいたいもの。
抽選上等で阪神JFに登録なんてのもいいかも・・・と夢は広がるばかりです。

関連記事

クルーガー、マイルCS出走確定

 キャロットの出資馬・クルーガーのマイルCS出走が確定しました。
登録段階では賞金的に出走は無理な状況。
けれど回避馬が3頭出たおかげで、何とか出走出来ることに。

やはり出資馬がGⅠ出走となると、テンションが上がります。
ネット上では数日前から鞍上ムーアかもなんて声もあり、更に期待が高まってました。
けれど、結局鞍上はシュタルケ。うーん・・・。
これまたネット上ではヘタルケという蔑称で呼ばれる腕前。ちょっと期待が萎んだかなあと。

一応口取りは申し込んでみて当選なら京都遠征、
落選ならTV観戦という現実的な対応で臨む予定です。
関連記事
≪前のページ≪   1ページ/337ページ   ≫次のページ≫