・「エッシャー展」 ・「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」 ・舞台「ニンゲン御破算」 ・「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス」 ・「モネ それからの100年」展 ▼もっと見る

Hit

Please click

更新カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

カテゴリ:エンタメのエントリー一覧

  • 「エッシャー展」

    エンタメ堪能上京シリーズ第4弾。最後に向かったのは、上野の森美術館で開催中の「エッシャー展」。美術に興味無い人でも、さすがにエッシャーは知ってるでしょうというぐらい知名度の高い画家。それだけにやっぱり混んでましたねえ。東京では12年ぶりとなる大規模展なんだとか。とにかく観ているだけで楽しい、そんな美術展でした。「Waterfall」これが一番知られた作品でしょう。滝の流れを目で追ってる時の心地良さ(悪さ)...

  • 「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」

     エンタメ堪能上京シリーズ第3弾。次に向かったのは、乃木坂にある国立新美術館で開催されている「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」。国立新美術館は、ここ数年で最も訪れている美術館。草間彌生、ダリ、マグリット、ニキ・ド・サンファルと見にいった催しに外れ無し。企画サイドのセンスがとにかく良い美術館なのです。今回は肖像に焦点を当てた企画展。今回も当りの美術展でした。ジャック・ルイ・ダ...

  • 舞台「ニンゲン御破算」

     昨日のエントリ、ジョルジュ・ブラック展を見た後向かったのが、渋谷シアターコクーンで開催されているお芝居「ニンゲン御破算」。松尾スズキ率いる人気劇団「大人計画」の公演。15年前に故・中村勘三郎主演で上演され、それ以来の再演という事で話題に。人気劇団だけあってチケットは即完売。私も販売開始時間に合わせて申し込んだものの、あえなく落選。あーあ、見たかったのになあ・・・と一度は諦めてました。しかしその後、...

  • 「ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容―メタモルフォーシス」

     シルク募集馬の価格&管理調教師発表・東サラの募集馬発表と、一口的な話題に事欠かないこの頃。なのに、それについて書く気が起こらない私。まあ、書きたい事を書くのが個人ブログなので、気持ちが乗らないなら無理することもないかと。そんな中、先週は久々に上京してました。見たい美術展やエンタメが重なっていたので、今回は競馬観戦と絡めずに東京へ。こちらはいいものを観たなあという高揚感で、感想を書きたくてたまらな...

  • 「モネ それからの100年」展

     昨日から名古屋市美術館で開催されている、「モネ それからの100年」展に行ってきました。平日とはいえ開催2日目。しかも名の知れたモネとくれば激混み必至・・・と思いきや、かなりスカスカ。前から感じてたんですが、名古屋人ってアートに対しての関心が薄いなあと。名古屋ボストン美術館も、入場者低迷で今年限りで閉館のようですし。東京の美術館だと、企画によっては平日でも1~2時間待ちとかあるのに、それとの落差が凄い...

≪前のページ≪   1ページ/18ページ   ≫次のページ≫