・「アドルフ・ヴェルフリ展」 ・映画「ラ・ラ・ランド」 ・「ゴッホとゴーギャン展」 ・映画「帰ってきたヒトラー」 ・「ダリ展」 ▼もっと見る

Hit

Please click

更新カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

カテゴリ:エンタメのエントリー一覧

  • 「アドルフ・ヴェルフリ展」

     名古屋市美術館で開催されている「アドルフ・ヴェルフリ展」を観てきました。アール・ブリュットを代表する画家の一人。一口馬主ブロガーとしてはアールブリュットと聞けば、キャロットのMakfi産駒(4勝・準OP)を連想しますが、その馬名の由来となった言葉。正規の美術教育を受けずに自発的に創作を行う人々のアートや作品を意味します。別称アウトサイダー・アートとも呼ばれることも。このヴェルフリという人、31歳で統合失調...

  • 映画「ラ・ラ・ランド」

     映画「ラ・ラ・ランド」を観てきました。本日開催されたアカデミー賞で監督賞、主演女優賞等、6部門受賞の話題作。いやー、良い映画だったなあ。と、しみじみ言いたくなる作品。まず、冒頭のミュージカルシーンからぐっと心を鷲掴みにされてしまった私。ヴェネチア国際映画祭でオープニング上映された際も、このシーンで拍手が起こったそうな。そして中だるみも無く話は進み、切なくて余韻のあるラストへ。パンフレットには映画...

  • 「ゴッホとゴーギャン展」

    明けましておめでとうございます。今年初の更新となります。本年もよろしくお願いします。で、一発目が競馬と全く関係無いエントリだったりするわけで。一口馬主ブログなのにそれでいいのか。でも、まだ中央競馬始まってませんしねえ。今日から愛知県美術館で開催された「ゴッホとゴーギャン展」を観てきました。昨年10~12月に東京都美術館で先に開催され、それに続いての巡回展示。ビックネームかつ初日なので激混みかなと覚悟し...

  • 映画「帰ってきたヒトラー」

    映画「帰ってきたヒトラー」を観てきました。あらすじは、ヒトラーが現代にタイムスリップ。ひょんなことからモノマネ芸人としてTV出演し大ブレイク。そして、また大衆の心を掴んでいき・・・といったストーリー。これ、かなり良い出来映え。何よりも、当事国のドイツ映画というのが凄い。人類史上の絶対悪で、ドイツでは今でも最大の禁忌。飲食店で店員呼ぶときも、日本みたく手を挙げて呼ぶのはタブー。(ナチス式敬礼と見做さ...

  • 「ダリ展」

    昨日の記事で書いた「こち亀展」を見た後、次に向かったのが国立新美術館で開催中の「ダリ展」。約10年前に大規模な回顧展があり、それ以来日本では久々の開催。いやー、やっぱり良いわあ。10年前に見た時はシュルレアリスム時の作品数が多かった印象でしたが、今回は割と後期の作品展示も多かった印象。作風の変化なんかも楽しめる良い展示構成となってました。写真撮影可能だった「メイウェストの部屋」これは10年前もありました...

≪前のページ≪   1ページ/13ページ   ≫次のページ≫