FC2ブログ

Hit

Please click

更新カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

東サラ2014募集馬レビュー、Part5

さて、東サラ募集馬のレビュー。第5回は募集番号21~25まで。
評価はあくまでも私見ですので、あしからず。

ダンスーズデトワール13(父 ヴィクトワールピサ 母父 Highest Honor)
募集価格 2,000万円(一口 50,000円) 美浦 鹿戸雄一厩舎
【2014・8測尺】体重413 体高152 胸囲171 管囲19.4
DanseusedEtoile

半兄にルルーシュ(アルゼンチン共和国杯)。半兄ステージプレゼンスや
オメガホームランも2&3勝と、仔出しの良い母。
父ヴィクトワールピサは新種牡馬で、セールでも産駒評判が良く高値落札馬も多数。
値付けも2,000万円とそこそこの値段。惹かれる要素は多い感じ。

ただ、半姉ガムザッティが1勝止まり、半兄レッドウォーリアが5戦未勝利と
母の活力が落ちてきているのかもという懸念が。
それと、祖父のネオユニが牡馬に活躍馬が偏る種牡馬だけに、
その資質をヴィクトワールピサも受け継いでいたらどうしようという不安も。
トモが薄く見えるのも気になるところ。期待と不安が半々といったところですかね。

フレンチノワール13(父 ワークフォース 母父 フレンチデピュティ)
募集価格 1,400万円(一口 35,000円) 美浦 久保田貴士厩舎
【2014・8測尺】体重438 体高149 胸囲176 管囲19.7
FrenchNoir13

母はクラブ馬として4勝。当馬が初仔。
父ワークフォースは新種牡馬。日本に合うKingmambo系だから期待出来そうですが、
アルカセットやルールオブローみたいな外れもいるので、難しいところ。
ハービンジャーと比べると、繁殖に恵まれていない気がするのも不安。
英ダービー&凱旋門賞勝ちという成績は立派ですが、重たいかもという気もしますね。

個人的にグッとくるのは、母父フレンチ。
私は父or母父フレンチとの相性抜群なので、そこに惹かれます。
価格1,400万円も安くて良い感じですし。
同じような配合馬がキャロットでも募集予定なので、それとの比較次第ですかね。

レリックレーヌ13(父 シンボリクリスエス 母父 サンデーサイレンス)
募集価格 2,000万円(一口 50,000円) 栗東 西園正都厩舎
【2014・8測尺】体重448 体高156 胸囲176 管囲19.7
ReliqueReine13

伯父にタガノテイオー(朝日杯2着)。
これまで母にシンクリは二度付けられていて、
全兄ファーストグロースは3勝、アサクサニッポンは1勝。
兄の成績から見ても、一発長打は無さそう。

でも、条件戦でコツコツ着を拾ってくれるような馬になれば、それはそれで良さそう。
値付けは2,000万円とお手頃価格ですしね。

リーチフォーザムーン13(父 ゼンノロブロイ 母父 Pulpit)
募集価格 2,400万円(一口 60,000円) 美浦 手塚貴久厩舎
【2014・8測尺】体重394 体高151.5 胸囲173 管囲19.9
ReachfortheMoon13

半兄のクラブ馬・レッドソレイユは新馬勝ち。
牝系にはアグネスデジタルの名前があるのが、惹かれるところ。
今度は父がロブロイ変わり。

ロブロイといえば繁殖牝馬の質が凄かった3歳世代は重賞勝ち馬が2頭でましたが、
ロブロイバブルも弾けた年の種付けですし、どうなのかなあと。
馬体は良く見えるんですが、ロブロイ産駒は総じてそんな感じですし。
値段も、牝馬にしてはまずまずの値段ですし、迷うところ。
個人的には、レッドセイリングでロブロイには懲りたのでパス。

ショウダウン13(父 ゼンノロブロイ 母父 Darshaan)
募集価格 1,800万円(一口 45,000円) 栗東 笹田和秀厩舎
【2014・8測尺】体重430 体高155.5 胸囲175 管囲21.2
Showdown13

半兄に、私の出資馬だったレッドデュード(未勝利引退)。
自分が出資した牝系はやはり気になります。今度は父がロブロイ変わり。

ロブロイと相性の良いMill Reefが母型に入っているので、血統構成は良いと思うんですよね。
サンテミリオン(オークス)にも、Mill Reef4×4が入ってましたし。
ただ、自分が失敗した牝系に再度行くのは、ちょっと気が進まないもの。
タキオンで駄目だったのに、ロブロイでどうかなとも思ってしまいます。

最高の繁殖を集めた3歳世代でも、牡馬の成績はいまいち。
やはりペルーサが最高傑作なのかなと。
ただ、値付けは魅力。牡で1,800万円は安い感じ。でも、私はパスかな。



関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す