FC2ブログ

Hit

Please click

更新カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

「ニキ・ド・サンファル展」

先週末、競馬観戦とは別目的で東上してました。それは、六本木にある国立新美術館に行くため。
そこで現在開催されているのが「ニキ・ド・サンファル展。」



ニキ・ド・サンファル展HPはこちら

2ヶ月ほど前に美術系雑誌を立ち読みした際に目に止まり、これは見に行きたいなあと思っていた展覧会。
当初、京王杯2歳S観戦で東上した際に立ち寄る予定だったものの、
その時は土日とも競馬にどっぷりハマってしまい行けず。二度手間ですが、再度東京へ。
しかし、遠出して行った甲斐がありました。めっちゃ良かった!

アーティストって時代によって作風も変化していきますが、普通そこで好き嫌いが出てくるもの。
ピカソで例えれば、私は青の時代は好きですがキュビズムは好みじゃないみたいな。
ところが彼女の作品に関しては、初期・中期・晩年、どの作風もそれぞれツボにくるものばかり。
見ていて背中がぞくぞくしっぱなしでした。風邪気味なのに薄着で出かけたせいもありますが。
展覧会にしては珍しく、写真撮影OK作品が2点ありました。

「ブッダ」(1999年)


「翼を広げたフクロウの椅子」(1999年)


両方とも晩年の作品。「ブッダ」は高さ3mくらいある作品なので、迫力もありました。
開催期間は12/14(月)までと残り3週間。東京在住の方はすぐ行けるでしょうし、
ジャパンカップ観戦で東京に行く予定のある方も是非立ち寄ってみては。
これは本当に一見の価値有りの展覧会ですよ。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す