Hit

Please click

更新カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

シルク2017募集馬、気になる馬 関東馬編

 シルク2017募集馬で、現在自分が気になっている馬の検討記事を書いてみました。
まずは関東馬編。

ルシルクの16(父 オルフェーヴル 母父 Dynaformer)
募集総額 :4,000万円(1口出資額:80,000円) 関東 戸田 博文 厩舎
【2017・7測尺】 体高151 胸囲169 管囲19.9 体重412

シルクOP馬グランシルクの半弟。
兄はステゴ産駒、本馬はオルフェーヴル産駒なので、配合的には似た方向性。そこにまず好感。

現在のところオルフェーヴル産駒の成績が今ひとつで、既に失敗種牡馬呼ばわりする人も。
セレクトやセレクションセールでも、産駒はそれほど高値にならなかったですし。
けれど、ステゴ自体がホームランか三振種牡馬だったので、オルフェもそんな感じかなと。

逆に人気が下がっている今なら、抽選確率も少しは下がって狙い目かなと思ったり。
ただ、412キロと小さいのが迷うところ。

ウルトラブレンドの16(父 ロードカナロア 母父 Richly Blended)
募集総額 :4,500万円(1口出資額:90,000円) 関東 手塚 貴久 厩舎
【2017・7測尺】 体高153.5 胸囲177 管囲20.7 体重456


まず目がいったのがトモの大きさ。ガツンとでかくて素晴らしいなと。
相馬眼の達人・テイエムの竹園さんも自身の著書で、
トモ(氏の表現ではケツ)が大事と力説されてましたから、注目すべきポイント。

非出資馬ですが、レイデオロ(日本ダービー)をツアーで見たときは凄いトモだと思いましたし、
出資馬だとクルーガー(マイラーズC)、モルジアナ(4勝・準OP)がトモの良さに惹かれて出資。
そこそこ活躍した結果を考えると、やはりトモは重視すべきかなと。

不安点は、母が突然変異的に活躍した馬だという事。ブラックタイプを見るとかなり脆弱。
オグリにしろウオッカにしろ、突然変異的に強かった馬って、
繁殖になってからその能力を伝えられないパターンが多いので、そこが気になるところ。

ケアレスウィスパーの16(父 ルーラーシップ 母父 フジキセキ)
募集総額 :2,200万円(1口出資額:44,000円) 関東 萩原 清 厩舎
【2017・7測尺】 体高150 胸囲179 管囲19.1 体重428

ノーザンテーストクロスのあるルーラー牝馬で、管理が萩原師。
出資馬のビートマッチ(2勝)と被る部分が多いという点で、気になる馬。
体重のわりには腹袋が大きくて、しかもびゅっと長いのが好印象。

ただ、半兄トーセンバジル(5勝)の活躍もあってか、値付けが2,200万円とやや高め。
ビートマッチは1,600万円でしたからお得感はないかも。管囲19.1もちょっと細くて躊躇するところ。
キンカメ系種牡馬だと今年はロードカナロアに人気が集中するだろうから、
様子見出来そうなら一次では行かずに様子見したいところ。
とか言ってて一次で埋まったら後悔しそうだし迷うなあ。

ポーレンの16(父 ジャスタウェイ 母父 Orpen)
募集総額 :2,000万円(1口出資額:40,000円) 関東 武井 亮 厩舎
【2017・7測尺】 体高155.5 胸囲170 管囲20.2 体重450

新種牡馬ジャスタウェイ産駒。魅力は絶妙な値付け。
現役時の強さを思えば種牡馬として成功するだろうと思う反面、
未知数に高い金額を突っ込むのも躊躇するところ。

そんな揺れる気持ちも、牡で2,000万円と言われればお得感が先に立つかなと。
当たれば良い先物買いが出来たし、外れても痛みは少ないですからね。

不安点は胸。カタログでは深いと書いてあるけれど、
動画見た感じでは逆に浅く感じるのが気になるところ。


現段階では、ウルトラブレンドの16はたぶん申し込むかと。
後の3頭は名前は挙げたものの悩み中。
この後9月にキャロット&ノルマンディーも控えているので、
ここで使いすぎると資金が無くなってしまいますしねえ。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2796: by Y子 on 2017/07/25 at 14:12:57 (コメント編集)

やっぱり、オケツとトモは大事ですよね。
2016年産のシルク募集場は、血統表上の段階で検討した馬たちが、管囲が細かったり動画の動きがいまいちで、カタログの見直しでやっと一頭一口だけ申し込みました。
私はツアーには行かないので、ツアーのレビュー楽しみにしています。

2797:Re: Y子さん by youchan on 2017/07/25 at 17:18:10

トモはでかくて困る事は無いですしね。
今年の募集馬は確かに測尺値で躊躇する馬も多い感じですね。
人気馬は申しこんでもどうせ当たらないし、難しいところです。

私が参加予定なのはキャロットツアーでシルクは行きません。
シルクツアー参加ブロガーさんの情報を待って、最終申込しようかなと思ってます。

▼このエントリーにコメントを残す