Hit

Please click

更新カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

シルク2017募集馬、気になる馬 関西馬編

シルク2017募集馬で、現在自分が気になっている馬の検討記事を書いてみました。
今日は関西馬編。

リアアントニアの16(父 ディープインパクト 母父 Rockport Harbor)
募集総額 :7,000万円(1口出資額:140,000円) 関西 角居 勝彦 厩舎
【2017・7測尺】 体高152 胸囲175 管囲19.9 体重428


首差しがすらっとして美しい馬だなというのが第一印象。
脚も長いし、胴伸びも良いしと欠点は特に見当たらない感じ。
血統的にもディープ×母父Unbridled系配合は、ダノンプラチナ(朝日杯FS)、
ダノンバラード(AJCC)ダコール(新潟大賞典)等を輩出したニックス配合。

ただ価格が7,000万円。ディープ+角居ブランドだから仕方無いけれど、
ディープ牡も買える価格。牝馬でここまで高いと躊躇するところ。
高実績セレブ組にとっては何でもない額だろうけど、
私のような零細会員にとっては行くのにはかなりの勇気が要りそう。

シェアザストーリーの16(父 ゴールドアリュール 母父 コマンダーインチーフ)
募集総額 :3,500万円(1口出資額:70,000円) 関西 石坂 正 厩舎
【2017・7測尺】 体高156 胸囲179.5 管囲20.4 体重481


深い胸・大きなトモ・長い腹袋と、馬体を見た印象は惹かれる要素が満載。
ゴルアも急逝してしまっただけに、産駒に出資出来る機会もあとわずか。
そのレア感も加味すれば、惹かれる一頭。

不安点は配合面。
私がいつも参考にしている栗山・望田氏監修の「パーフェクト種牡馬辞典」によれば、
ゴルア産駒牡のHaloクロスは不振との表記。本馬はHalo3×5・・・、思いっきり有る訳で。
けれど、ゴルアと相性が良いとされるRobertoの血が4代目に有るので、それで相殺出来ないかなあと。

ヴィヤダーナの16(父 オルフェーヴル 母父 Azamour)
募集総額 :3,500万円(1口出資額:70,000円) 関西 安田 隆行 厩舎
【2017・7測尺】 体高162 胸囲181 管囲21.3 体重496


初年度産駒の成績が上がらず、早くも失敗種牡馬呼ばわりする人もいるオルフェーヴル。
けれど、全兄ドリームジャーニーもそこそこ走る馬を出しているし、
これから走る馬も出てくるのではないかと。

関東募集のルシルクの16は412キロと小柄だけれど、こちらは496キロ。
私は馬格のある馬が好きなので、この数字は好印象。
半兄のダノンメジャーも5勝と活躍してますし、母の繁殖ポテンシャルも高そう。

気になる点は顔。なんだかぬぼーとして冴えない表情。
顔で走るわけではないと思うけれど、聡明そうな表情のほうが走ると主張する人もいますし。

ビアンカシェボンの16(父 ロードカナロア 母父 フジキセキ)
募集総額 :3,000万円(1口出資額:60,000円) 関西 中内田 充正 厩舎
【2017・7測尺】 体高156.5 胸囲176 管囲21 体重443


オルフェーヴルとは対照的に、絶好のスタートをきったロードカナロア。
今年はどの産駒も人気必至。やはり一頭は持ちたいところ
私は本馬の全姉にキャロットで出資済。当然、全弟も気になります。

管理予定の中内田師は、今年26勝でリーディング7位と若手の超有望株。
去年のシルクパーティーで言葉を交わした時の印象も極めて良し。
愚痴ばっかりの某キムテツと話した後だったので、対比でよけい好印象だったというのもありますが(笑)

測尺もまずまずで、馬体もこれといって悪いところも無し。
堅実に走ってくれそうな予感。ただ、姉は1,800万円だったけれど、
こちらは牡なので3,000万円となかなかのお値段。そこが迷うところ。

プチノワールの16(父 ロードカナロア 母父 Singspiel)
募集総額 :3,500万円(1口出資額:70,000円) 関西 須貝 尚介 厩舎
【2017・7測尺】 体高150.5 胸囲173 管囲19.9 体重417


半姉、ローブティサージュは、ご存知GⅠ馬。血統構成を見ると、
血統評論家・望田氏の表現でいうところのヌレサドクロス(Nureyev ≒Sadler's Wells のニアリークロス)有り。
現状、ロードカナロア産駒の勝ち上がり5頭中4頭がNureyevクロス持ちなので、
このニアリークロスも当然プラスに働くのではないかと予想。

注目すべき点はもう一点。
リアルインパクト、レイデオロに出資した実績のある有名ブロガーさんが、本馬をGⅠ級と高評価。
これといった当り馬のいない私の言葉とは、影響力&説得力が違うわけで(笑)
バンドワゴン効果(ある選択が多数に受け入れられている、流行しているという情報が流れることで、
その選択への支持が一層強くなることを指す)で、超絶人気しそう。
ただ、牝馬で3,500万円とお高いのが、私のような零細会員にとっては辛いところ。

グランプリエの16(父 ヴィクトワールピサ 母父 Footstepsinthesand)
募集総額 :1,500万円(1口出資額:30,000円) 関西 藤岡 健一 厩舎
【2017・7測尺】 体高160 胸囲179.5 管囲20 体重463


叔父にシルクの重賞勝ち馬グレンツェント。
叔父は父ネオユニ、本馬はその産駒ヴィクトワールピサが父なので、血統構成が似ているのが魅力。
二匹目のどじょう狙いでいくのもありかなと。
4代目に牝馬向きの血であるIrish Riverがあるので、その柔らかさが芝向きに振れれば、
それはそれで大歓迎ですし。

気になる点は、馬格のわりにトモが薄く見えるところ。
トモは自分の馬選びの重要ポイントなので、もう少し厚みが欲しかったなと。
それと、父ヴィクトワールピサの捉えどころの無さも気がかり。
初年度から桜花賞馬を出したのだから失敗種牡馬では無いけれど、
産駒の出来にばらつきがある印象なのがどうか。

アーデルハイトの16(父 ハービンジャー 母父 アグネスタキオン)
募集総額 :1,800万円(1口出資額:36,000円) 関西 池添学 厩舎
【2017・7測尺】 体高151 胸囲172 管囲19.2 体重414


半姉ロッテンマイヤーは、OP忘れな草賞勝ち。半姉アーデルワイゼは、2歳新馬勝ち。
さすがは名牝ビワハイジのメールラインだけのことはある繁殖成績。
今回は父ハービンジャー変わりで、価格もお手軽な1,800万円。どう考えても人気は必至。

ハービンジャー牝馬と言えば、私はシロインジャーという地雷に出資してしまったトラウマがあるけれど、
今年オークス2着馬も出たし何の問題も無さそう。
むしろトラウマを払拭するためにも、大抽選会に参加するのも手かなと。

ラフアップの16(父 キンシャサノキセキ 母父 フロフネ)
募集総額 :1,600万円(1口出資額:32,000円) 関西 寺島 良 厩舎
【2017・7測尺】 体高158 胸囲180 管囲21.8 体重495


先週の函館2歳Sで、キンシャサ産駒が優勝。旬な父の産駒というのが魅力。
シルク馬ソーディヴァインもダートで3勝と堅実に走ってますし、隠れた良種牡馬の印象。
ダートで潰しが利くというのは、地味に大事なポイントですし。

血統評論家の望田氏によると、キンシャサにはクロスのうるさい繁殖牝馬が合うとの事。
本馬の母ラフアップは、Northern Dancer 5 x 4 x 5、Buckpasser 5 x 5、
Nearctic 5 x 5、Natalma 5 x 5と、うるさい事この上無し(笑) これは合うのではないかなと。

ただ、母の繁殖成績を見ると、デビューした上4頭は中央未勝利。
そもそもの繁殖ポテンシャルが低いのが気がかりな点。
でもエピカリスが出た牝系でもあるので、ダートで一発なんて可能性も。

管理調教師は2年目の若手ですが、転厩馬のキングズガードがプロキオンSを勝って、
あっさりと重賞初制覇。何十年やっても重賞勝てない零細調教師もいる中で、
こういう運を持ってる人を先物買いするのも有りかも。

ウインフロレゾンの16(父 エイシンフラッシュ 母父 フジキセキ)
募集総額 :1,800万円(1口出資額:36,000円) 関西 高橋 義忠 厩舎
【2017・7測尺】 体高152 胸囲171 管囲20.1 体重442

父は、初年度産駒が早くも3勝と上々の滑り出し。
先週、シルク馬のアーデルワイゼが新馬勝ちしたので、会員の印象も良いのでは。
そんな父の産駒、しかも牡馬で1,800万円とはリーズナブルな価格。

馬体も測尺の割には、胸が深いしトモもまずまず。
私はノルマンディーでエイシンフラッシュ産駒の2歳馬に追加出資した事もあって、
もう一頭持ってもいいかなという気持ちになっているので、気になる一頭。


関東馬よりは気になる馬が多かった関西馬。
当然、全てに申し込めば完全な予算オーバーなので、
ツアー情報その他を参考に絞り込みをかけていくつもりです。
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2798: by レプティリア on 2017/07/25 at 22:19:26

youchanさん、こんばんは^^

カナロア産駒は走ってることもあり、どの馬も人気ですね(#^.^#)
来年はもっと値段が上がりそうですから、行くなら今のうちでしょう。
僕は去年1頭出資しましたが、今年も行きたいですね(^^♪
あとキンシャサ産駒は血統派は要チェキですね('◇')ゞあまり目立ってほしくありません(*_*;(笑)

2799:Re: レプティリアさん by youchan on 2017/07/26 at 09:54:35

カナロアは成功種牡馬確定ですしね。
私も初年度産駒1頭行っといて良かったですが、この先もっと価格上がりそう。
というか、もう既に高い(笑)

ラフアップ16は配合的に惹かれますが、母の繁殖成績が全くなので、
人気しないんじゃないですかね。じっくり様子見出来れば言う事ないですね。

▼このエントリーにコメントを残す