Hit

Please click

更新カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

映画「ブレードランナー 2049」

 映画史に残る傑作「ブレードランナー」。
私の初見は’92のディレクターズカット版でしたが、余りの素晴らしさに痺れたものです。
特にルドガー・ハウアー演じるレプリカントが息絶えるシーンは最高の一言。

映画史に残る名シーン


そんな名作の続編、「ブレードランナー 2049」。
全米公開では大コケしたとかネガティブな情報もあり、
期待と不安が入り混じった気持ちで観てきました。



見終わった後の感想としては、うーん・・・、どうでしょう。
前作を知らない人がいきなり見たら、冗長でつまらなく感じるんじゃなかろうかと。
一応、前作を知らなくても楽しめるという触れ込みにはなってますが、
やはり前作の知識があってこそ、おーと感じるシーンが多かったような。
観る人を選ぶ映画かも知れませんね。

後、上に貼った予告編。
貼っといて言うのもあれですが、鑑賞前には観ないほうがいいです。
あまりにもミスリードな作りなので。

俳優陣では、アナ・デ・アルマスが秀逸。
前作のショーン・ヤングの美しさも心に残ったものですが、この女優も素晴らしかった。
ぐっと引き込まれる魅力を備えた女優さんでした。
彼女を大画面で観る、そこに大いに価値はあると言えるかも。

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2890: by ロンリーロード on 2017/11/04 at 14:35:40

ゆーちゃんさん、こんにちは

文面読んでません。

PKディックのファンで、リドリースコットのファンでもありましたから、一応劇場で鑑賞するつもりでした。
退院したら見に行きます。

2891:Re: ロンリーロードさん by youchan on 2017/11/04 at 16:08:03

予備知識無しで観るのが一番です。
私もストーリー展開の情報はシャットアウトして見に行きましたから。
退院後の楽しみに取っておいてください。

2912: by ロンリーロード on 2017/12/01 at 22:13:08

ゆーちゃんさん、こんにちは

火曜日にメンズdayで¥1100で見てきました。

今年のお盆に帰省した際に、昔映画好きだった同級生を車に乗せてた時に世間話してたら「ブレードランナーの続編やるらしいよ、しかもハリソン出てるし、なんだかなぁ」と聞いたのが最初でした。

それ以外の先行情報はほとんど入ってない状態で(主役/監督も知らないで)鑑賞しました。

私は近年は殆どシアターで映画を見なくなり、レンタルで借りて観るのも年に数回といった感じなのです。学生の頃は、週に2~3回は映画館で鑑賞してましたし、レンタルビデオを1週間に10本ぐらいは鑑賞する映画好きでした。最近は過去に見た映画でも内容を思い出せない始末ですけど(笑)
数ある映画の中でもブレードランナーはSF映画の中でも別格の存在でした。

今作を観賞後、Netで感想を見ると賛否両論のようですね。確かに小説やオリジナルを知らない人には意味がわからないですね。でも、私的にはそういう人は違う映画を見ればいいと思ってます。個人的には近年稀に見る、観る人を選ぶ映画、大勢の人に迎合しない造りに好感を持てました。

オリジナルは、P・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化であり、今作は原作はないが、とある方が映画「ブレードランナー」の続編を妄想して作った別の映画という認識で見れば、勿論、CG技術がなかった時代のオリジナルのセット/ミニチュアなどの物質感や雰囲気を超える事はないですけど、オリジナルを踏襲した映作り/ストーリーは素晴らしかったと思います。イメージとしては富野喜幸の機動戦士ガンダムから妄想した福井晴敏の機動戦士ガンダムUCといった感じですね。

個人的にはリドリースコットがデッカードはレプリだと表現するのは好きじゃありません(小説の内容は忘れてしまいましたが)、観客は人間なので、やはりヒトが作り出した物は人間にはなれない?人間って何?ってテーゼの方が好きです。人間であるデッカードと人造人間のレイチェルが愛し合ってしまったという方が、背徳な気がします。大自然を車で疾走するラストシーンver(借り物映像ですが)が好きでして、今作はその後を描いてるとの事でその点は良かったかなと。

ブレードランナー好きな私でも年のせいで感受性が鈍くなったのか? 今ひとつ、そうじゃないない方が?と考えるのは、プロデューサーのリドリースコットと監督ドゥニ・ビルヌーブでは意見が違うのでは?と思える捉え方をしてしまうのですが、Kはレプリ団長にデッカードの子供ではないと言われますが、レイチェルが生んだのは双子でその男の子で良かったんでは?という事と、今回のもうひとつのテーゼであろう、AIは人間にはなれない? 疑似の恋人ジョイのビル広告をKが見た時、何を知った?思った?のかがわかりませんでした。そして、私的には老けて腹の出たデッカードは人間であった方が、年取ると懐古趣味的になるのよく分かるなぁって思いました。レンタルされたらまた何度も見返して観ようと思います。

次回作が決定してるようですが「エイリアン vs プレデター」みたいな内容で
「ブレードランナー」の名前を借りて作って欲しくないですね(笑)

PS 久しぶりに外国人女優「アナ・デ・アルマス」
好きになっちゃいました。

2913:Re: ロンリーロードさん by youchan on 2017/12/02 at 11:59:23

評価が分かれる作品だなという印象でしたね。
私が初めてみたブレードランナーはディレクターズカット版だったので、
デッカートがレプリカントであることを示唆するシーンが入ってました。
なので、デッカート=レプリカントに違和感は無かったりします。
一番最初の劇場公開版が好きな人だと、やはり違う印象になるかもですね。

アナ・デ・アルマス、可愛かったですよね。
とくに目が好みです。

▼このエントリーにコメントを残す