FC2ブログ

Hit

Please click

更新カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」

 エンタメ堪能上京シリーズ第3弾。
次に向かったのは、乃木坂にある国立新美術館で開催されている
「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」。



国立新美術館は、ここ数年で最も訪れている美術館。
草間彌生、ダリ、マグリット、ニキ・ド・サンファルと見にいった催しに外れ無し。
企画サイドのセンスがとにかく良い美術館なのです。
今回は肖像に焦点を当てた企画展。今回も当りの美術展でした。

ジャック・ルイ・ダヴィッド「マラーの死」


世界史の教科書にも載っていた有名な一枚。ジャコバン派のマラー暗殺シーンを描いたもの。
この時代のフランス史は滅茶苦茶面白かったので、凄く印象に残ってます。

クロード・ラメ「戴冠式の正装のナポレオン1世」


英雄ナポレオン。
今回はナポレオンのデスマスクも公開されており、それは必見かと。
おお、こんな顔してたのかとまじまじと見てしまいました。

そして、今回最も私が惹かれたのは、

エリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン
「エカチェリーナ・ヴァシリエヴナ・スカヴロンスキー伯爵夫人の肖像」


この絵そのものでは無くて、これを描いた画家。
エリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブランという女性画家なのですが、
彼女をモデルにした胸像が展示されていたのです(作はオーギュスタン・バジュー)。
これがまあ、見とれてしまうくらい綺麗。一度見終わった後、また舞い戻って眺めてました。
お前はピグマリオンか!と自己突っ込みを入れたくなるほど。

残念ながらポストカードにはなっておらず、紹介出来ないのが残念。
是非足を運んで実際見ていただきたいなと。開催期間は9/3までとたっぷりありますので。
シルクラウンジが赤坂見附なので、両方訪れるのもありかなと。
ちなみに私はラウンジに寄ろうか迷ったものの、次の目的地に向かってしまいましたが(笑)

関連記事
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す