Hit

Please click

更新カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

映画「ラ・ラ・ランド」

 映画「ラ・ラ・ランド」を観てきました。
本日開催されたアカデミー賞で監督賞、主演女優賞等、6部門受賞の話題作。


いやー、良い映画だったなあ。

と、しみじみ言いたくなる作品。
まず、冒頭のミュージカルシーンからぐっと心を鷲掴みにされてしまった私。
ヴェネチア国際映画祭でオープニング上映された際も、このシーンで拍手が起こったそうな。

そして中だるみも無く話は進み、切なくて余韻のあるラストへ。
パンフレットには映画「ニューヨーク・ニューヨーク」へのオマージュだろうと書かれてましたが、
本当にグッとくる結末。これで心が動かない人は、人として大切な何かが欠落してます。

さらに驚いたのが、エンドクレジット途中での退席者が皆無だった事。
私はいつも最後まで見て余韻に浸る派ですが、それが少数派だとは自覚してます。
大抵は途中で退席する人ばかりですから。

今回、退席者が皆無だった要因は、エンドクレジットのバックに流れた曲でしょう。
作中で何度も流れた印象的な曲だったんですが、それのヴォーカル付きヴァージョンと、
オルゴールヴァージョンが流れたので、皆つい聞き入ってしまったのではないかと。
そういうところまで気を利かせているのも巧いなあと感心。

そんな素晴らしい作品でしたが、今日のアカデミー賞で最も重要な作品賞は逃すことに。
下馬評でも圧倒的本命だったので、まさに大波乱の結果。
無理やり競馬ネタぶち込むと、ディープがハーツに負けた有馬記念みたいな感じ。

しかも、一旦作品賞受賞と発表され関係者がスピーチをしている最中に、
間違いで別の作品のほうが受賞でした・・・という大ハプニング。
さらに人々の記憶に残る作品になった模様。

作品賞は逃したものの値打ちが下がる訳でも無く、本当に良い映画。
まさに必見。DVDになってからとかじゃなく、映画館に足を運んで観て欲しい作品です。
関連記事

確定申告、馬鹿にできない還付金

 この時期は確定申告の季節。
しかし私は自営業でも無く、高額所得者でも無い一介のサラリーマン。
よってこれまで全く無縁の世界でした。

けれど今年は、一口の雑所得があったので申告に行くことに。
とは言っても相馬眼が無く、これといって活躍馬がいない私の事。
申告義務が生じる20万円以上の所得があったわけではありません。
お目当ては源泉徴収された税額の還付金。
税務署で手続きを済ませた結果、返ってくる金額が判明。

約53,000円也。

おお、何気にありがたい金額。400口クラブなら、2,000万円の馬に1口いけますし。
もっとも、先週の土日に競馬で丁度5万円負けたので、とんとんになっただけなんですが。

去年や一昨年も微々たる額の還付金はあったようですが、面倒くさくて申告しなかった私。
実際体験してみれば、そんなに手間がかかる訳でも無かったので、やっておけばよかったと後悔。
出来れば来年は、出資馬の活躍で申告義務が生じるくらいになりたいものです。

追記
過去分も5年間は還付申告できるとの情報を頂きました。
感謝とともに、自らの情弱ぶりを恥じるばかり。
とはいえ、過去の書類はもうシュレッダーにかけてしまったし、
再発行申請とかするのはやはり面倒くさい気が(笑)
関連記事

2017 フェブラリーS、予想

◎  4 コパノリッキー
〇  3 ゴールドドリーム
▲ 11 ノンコノユメ
△ 13 エイシンバッケン
△ 15 ケイティブレイブ


◎〇は、両馬ともゴールドアリュール産駒。昨日、父が死去の一報。
競馬界の格言「死んだ種牡馬の仔は走る」発動は必至。
さらに今週はゴールド=金に関して、国際的に大きな事件があったばかり。
人の死に関する事なので明言は避けるけれど、世相馬券的にも買い。
関連記事

東サラ、2016年度募集馬の馬名決定

 東サラHPにおいて、2016年度募集馬の馬名発表がありました。
私の出資馬名は以下の通りに決定。

レッドファンタジア15→ レッドベルローズ Red Belle Rose
意味・・・美しいバラ(仏)。大舞台で真っ赤な大輪の花を咲かせる

ぎりぎりまで様子見して出資したこともあり、東サラの馬名応募だけはしなかった私。
冠があることもあり、無難な名前に落ち着いてなによりといった印象。

他の馬名をざっと見てみると、北欧神話の神名(フレイ、ヴァール)が付いたのが2頭。
以前も主神であるオーディンが採用されてましたし、選考スタッフに北欧神話贔屓がいる模様。
まあ、神が敗北する結末ってのは斬新ですし、惹かれるのは分かります。
となると来年は、トール・ロキ・ヘイムダル辺りが採用されそうな予感。

それはさておき、これで入会4クラブ全て馬名決定。
あとはデビューを待つのみ。活躍に期待です。
関連記事

シルク、2016年度募集馬の馬名決定

シルクHPにおいて、2016年度募集馬の馬名決定が報告されてました。
私の出資馬名は以下の通り。

キラーグレイシスの15→グロンフォール Grand Fort
意味・由来・・・強い(仏)+大きい(仏)。馬体と力強い走りに期待して


シルクユニバーサルの15→ヴェルトゥアル Weltall
意味・由来・・・宇宙(独)


私の応募馬名は採用ならず。それでも、両馬とも珍名にならずに何よりといったところ。
しいて言うなら、ヴェルトゥアルがキャロの出資馬ヴェルテアシャフトと頭が被っているので、
最初のうちはごっちゃになるかもという気が。

出資馬以外の馬名で良いなあと思ったのは、パーシステントリーの15→オブセッション。
逆にちょっと吹いたのは、メジロツボネの15→グローリーヴェイズ(栄光のつぼ)。
栄光のつぼってどんな壺やねんと、笑いのツボに入りました。

それはともかく、2頭とも馬名が多くの人に記憶されるような活躍をして欲しいものです。
関連記事