Hit

Please click

更新カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新コメント

Link

過去記事

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
RSS

ローズパラディン、予後不良

ノルマンディーの出資馬、ローズパラディンが追い切り後に骨折が判明。
予後不良との報告がHPにてありました。

通算1戦0勝。喉鳴り持ちという事もあり、新馬戦は見せ場なく最下位。
正直、勝ち上がりは厳しいと感じました。
けれど出資した以上、少しでも望みは持っていたいもの。
数をこなせば、ひょっとしたら可能性があるかもなんて思ってもいました。
それだけに、僅か1戦で終わってしまったのは残念としか言いようがありません。合掌。
関連記事

ノルマンディー、馬名決定

ノルマンディー、2歳馬の馬名が決定しました。
私の出資馬の名前は以下の通り。

7.テーマソングの16
フェルヴィド:熱烈に、熱狂的な(音楽用語)。母名より連想

9.フォーミーの16
グラウシュトラール:灰色(独)+光線(独)。光線のように鋭い走りを期待して

15.ジョウノファミリーの16
リーピングリーズン:飛躍する理由。全姉ライジングリーズンより連想

17.テネシーワルツの16
セレーネワルツ:ギリシャ神話の月の女神+母名の一部。父名より連想


4頭の中では、フェルヴィドが響きが格好良くていい感じ。
他3頭も別に悪い名前ではないので、良いのではないかと。
活躍してくれれば、どんな名前でも良く思えてくるものですしね。
関連記事

ウォークロニクル、引退

 キャロットHPにおいて、出資馬ウォークロニクルの引退が発表されました。
通算18戦3勝。そのうち2勝は中央に戻るために名古屋で挙げたもの。
結局、中央では1勝のみ。けれど、その1勝は記憶に残るレースでした。



先行有利の福島芝1200で、4角最後方から一気の追込み勝ち。
良いものを見たなあと言う気持ちになる勝利。
もともと新馬戦で、後の重賞3勝馬ヤングマンパワーの2着に来た馬。
秘めたる能力の片鱗を見せたのでしょう。

出資の決め手は、貴重なウォーエンブレム産駒だったこと。
それだけになんとか繁殖に上がって欲しいと思っていましたが、
公式によるとどうやら繁殖牝馬になれそうとの事で一安心。

後は、アワーブラッドとして産駒がキャロットに回ってくるかどうか。
1勝馬なので正直厳しい気もしますが、
もし回ってきたら是非とも母優先を使いたいと思います。
お疲れさまでした。


関連記事

グロンフォール、新馬勝ち

今日の中山4R・3歳新馬戦に出走したグロンフォール。
単勝2.2倍の1番人気に応え、見事に優勝しました。
しかも2着馬に付けた着差は大差。気持ちの良い勝利でした。



出資時から既に大きな馬でしたが、どんどん成長を続け馬体重が凄い事に。
正直、脚部不安を発症して未出走に終わるんじゃないかと危惧した事もありました。
しかし、そんな不安を吹き飛ばす新馬勝ち。新開師や牧場スタッフの手腕に敬服するばかり。

それにしても、この世代のシルク馬は本当に凄い。とにかくボコボコ勝ち上がりますものねえ。
相馬眼の無い私でさえ、シルク出資馬2頭とも新馬勝ちですし。
この世代はノルマンディーに大量出資しましたが、シルクにしておくべきだった・・・。

ハーツクライ産駒なのでいつかは芝の走りも見たいですが、とにかく576キロの巨大馬。
脚元をやってしまっては元も子も無いので、まずはダート路線での活躍に期待です。


関連記事

シルク、2016年産競走馬名が決定

シルクHPにおいて、2016年産競走馬名が発表されました。

シルク、2016年産競走馬名

私はこの世代、出資馬はグランプリエの16のみ。
馬名考えなきゃなあなんて思ってる間に、いつのまにか締め切りになってました。
決定馬名は、

ベルジュルネ・・・ Belle Journee 美しい日(仏)

綺麗な名前で良いのではないかと。
ただ、キャロット馬ラフォルジュルネの産駒?なんて一瞬勘違いしそうですが。
活躍してくれれば、よりいい名前に思えてくるでしょう。
関連記事